感謝のきもち。

これから本番を迎えるおふたりへ。

結婚式当日はどんな1日だと思いますか?
私もたくさんのおふたりをサポートしてきていますが「想像する以上にあっという間だった!」という声があります。これは先輩カップルさんからも聞いたことある方がいるのではないでしょうか。


昔は自宅でお支度することが当たり前だった時代から、今では様々な家の事情から式場・挙式会場でお支度をし、そのまま挙式という流れが一般的となりました。会場によりお支度後から挙式までの時間配分や流れは様々ですが、お支度が完成すると、記念写真から始まり、挙式リハーサル、挙式後は披露宴へ怒涛のように時間が過ぎていきます。式場での1日を振り返るとご両親との会話もままならなかったというおふたりもいらっしゃるように感じます。たくさんの組数を1日で回転すべく、式場の内情としても次から次へとすることがあるため、慌ただしくなってしまうのだと思います。


でもなおざりにしては残念な事。
今まで育ててきてくれた家族、両親への挨拶です。
普段 近すぎる存在で少し照れくさいかもしれませんが、私がサポートするおふたりの結婚式ではできる限りご挨拶の時間を作るようにしています。特にはサプライズな時も。
こうして縁あって結婚を迎えるという節目の日をぜひご両親へ感謝の気持ちを伝える時間を作っていただくのをお勧めしています。1分でも「ありがとう」だけでもいいんです。きっとふたりの気持ちは伝わりますし親孝行にもなるはずです。縁と感謝の気持ち、結婚式というかけがえのない1日をどうか大切に。

 Written by Wakon planner Motohana Chica
お問い合わせはこちらから CONTACT
atelier 名古屋市昭和区御器所2-6-2 3F